片・すぐお腹痛くなる。

まだ生きていたのか?!

日記18

 自動車税を払ったせいで今月はほんとうにお金がなくて、ほとんど何処へも出かけなかったのです。おかげで普段ならひと月と持たないガソリンが丸一ヵ月と一週間経ってもなくならず、その間にガソリンは値上がりし、先月もらった値引きクーポンの有効期限も切れてしまったのです。私にはよくあることなのです。ほかに気に掛けるべきことがたくさんあるせいで、ガソリンの値動きに気を配ることができないのです。それでとにかく何も考えずに、燃料のゲージが点滅したら給油することにしているのです。そうすると大抵、私がガソリンを入れようとする頃に値上がりしたり、私がガソリンを入れた直後に値下がりしたりするのです。値が上がろうとガソリンがないと何処へも行けないのだから、せんないことです。
 何処へも出かけないとは言いつつ、行きつけのリサショが新店をオープンさせていたことを聞きつけて、仕事の帰りに寄ってみたりしたのです。お馴染みの屋外のLP80円コーナーは小さなボックスに二つ分だけだったのですが、尾崎亜美大橋純子を見つけたのです。店内のレコード売り場は什器も中身も行きつけのリサショのものをそっくりそのまま持ち出しているようでした。となると行きつけのリサショのレコード売り場はどうなってしまったのでしょう。あそこは通いやすくてゆっくりディグれて気に入っていたのですが。新店には什器の下のコンテナにもレコードがたくさん入っていて、ざっくりとした感じの値付けがされていたのです。私は探していたレインボーのアイサレンダーとヴァレリー・カーターのアルバムを買いました。
 先の日記で触れたGS探しは次のお給金が出てから始動することにして、今は専らサブスクリプションでGSを聴いて気を紛らわしているのです。音楽性的な好みで言えばモップスとダイナマイツとカーナビーツがお気に入りなのですが、面白い曲が多いという理由でオックスをよく聴いています。『ダンシング・セブンティーン』の浮かれた感じが一番好きなのですが、ヴィッキーの『待ちくたびれた日曜日』のカバーも面白くて好きなのです。ヴィッキーが歌うと男性を待ちわびる女性の歌として聞こえるのですが、オックスが歌うと女性を待ちわびる男性の歌のように聞こえるのです。この曲の主人公は、来るかもわからない相手のために髪をとかして靴を磨いて相手の好きな香水を買って飼い犬を風呂に入れて鳥かごを塗り替えて相手の好きなアネモネを程よく咲かせて(温室やフラワーキーパーを使ったのでしょうか?)テーブル掛けをとりかえてお菓子を焼いて相手の好きな歌を覚えておいた(披露するのでしょうか?)というのです。好きな相手を家へ呼んだときの何かせずにはいられない感じはとてもよく伝わるのですが、それにしたって、歌の主人公が女性だろうが男性だろうが、来るかもわからない相手のためにここまでするのは大変な大仕事です。この歌の主人公は、とても甲斐甲斐しくて行動力があり余っているのです。ヴィッキーverは情感豊かに歌い上げており、これだけの大仕事をやり遂げてもまだあり余るヴァイタリティを感じるのですが、オックスverは甘えたような舌っ足らずのボーカルのせいか大仕事にくたびれてもう一歩も動けないような感じがするのがおかしいのです。家へ来る恋人のためにあれこれ準備する内容の歌では小島麻由美の『セシルのブルース』も好きなのです。好きな人が翌日自宅へ来ることになった主人公が、夜分の非常識な時間に掃除機をかけ、花瓶に飾る花に悩み、相手の欲しがっていたレコードを他人に貸していることを悔み、普段より2時間早い時間に目覚ましをセットして、冴えてくる目を閉じてとにかく眠ろうとする歌です。
 そういえば手書きプレイリストは曲目や曲順がなかなか決められず停滞しているのです。曲調が似ていて詞の内容がリンクするような曲同士でも、実際続けて聴いてみると繋がりが悪いということがままあるのです。私はDJでもプロデューサーでもないのだから、そんなことを気にすることはないと思うのですが……

日記17

 特に何をしていた記憶もないのですが随分ご無沙汰してしまったのです。4月中旬から5月末までの2か月弱に及ぶ自分の来し方を振り返ってもほんとうに何もなくて驚愕なのです。一つ思い出す、というか今まさに取り組んでいる事例があることに気づきました。私はずっとスリーフィンガーをとにかく指三本で弾けばいいのだと勘違いしていたのですが、どうもそういうわけではないという気付きを得たので弾き方を矯正しているところだったのです。ガロの花の伝説と風の22才の別れを主に練習しているのです。
 相変わらず安いレコードを集めているのです。この2か月弱で買ったのは、六文銭四人囃子、チューリップのLP、軽く探していたけれどなかなか出会わなかった『岬めぐり』『太陽がくれた季節』『我が良き友よ』をEP50円コーナーで見つけたのでこれも買ったのです。あと、わんわん合唱団による『わんちゃんのジングルベル』という激アツなEPも50円で手に入れました。

 CDプレーヤーを手に入れたのを機に、CDもこつこつと集め始めているのです。安い8cmシングルや好きなアイドルのアルバムを主に買っているのです。一番よく行くリサショでは8cmシングルは尾崎豊しか置いていないのですが、そこでたまたま筋肉少女帯の『元祖高木ブー伝説』を見つけたのです。でも私は買わなかったのです。ちょっと高いナ~と思ったのでした。だって別の店では『サボテンとバントライン』が100円で買えたのに……確かに市場価値的には『高木ブー』の方が高い傾向はあるようなのですが、市場価値の高いものを高く買うなんて楽しくないのです。自分にとっては価値があるけれど市場では無視されているようなものを買うのが一番楽しいのです。
 ここんところはGS(グループサウンズ)のレコードをほんとうに何でもいいから、という気持ちで探しているのですがこれが全く出てこないのです。当然インターネットで探せばいくらでも出てくるのです。でもそんなのは楽しくないのです。是非とも欲しいのがダイナマイツの『トンネル天国』です。曲も大好きですし、この時代お馴染みの馬鹿でかい籐椅子に座っているジャケ写もグー。それからオックスの『ダンシング・セブンティーン』ですね。これもジャケ写が最高。5人のポーズと立ち位置が絶妙なのです。いつか一人五役でこのジャケ写を再現するのが秘かな野望なのです。曲も好きです。Aメロの合いの手みたいなところが馬鹿らしくて好きですね。あとはテンプターズは何でもいいから欲しいところです。ショーケンの声がガロのトミーにそっくりで聴いているとちょっと陶酔するのです。それとモップス。これも何でもいいので欲しいのです。特に『朝まで待てない』なんかが一枚あるといいのですが。いつか諦めてネットで買うような予感がしているのです。
 ここ数日考えているのは、ジュゲムのころの当ブログで一度だけやってすぐやめた手書きプレイリストをまたやりたいナ~ということなのです。いろいろテーマを決めて良い曲をピックアップして良い順番で並べるというのが好きな作業なのです。音楽に限らず、何かテーマを決めてそれに合うものを見繕う、というのが自分の好きな作業であるようなのです。こんど時間があったらそんなことをやるかもしれません。予告なのです。

日記16 ~お買い物写真日記~

 ここんとこ日記に写真がなくて物足りないので今日は写真日記なのです。

 こないだの日記に住宅のような外観の古着屋さんで2000年代女児ファッションアイテムを発掘したことを書いたのですが、写真を載せていなかったのです。じゃん。

f:id:katata_taki:20220324222337j:plain

 他にもエンジェルブルーやメゾピアノや3年2組、ティンカーベルのお洋服もたくさん売っていたのです。とても可愛いピンクと白のコンビネーションのメゾピアノカウチンニットもあったのですが、サイズが合わなくて泣く泣く断念しました。私は150サイズがぴったりなのですが、身長が150センチくらいになると子供服を卒業する子が多いのか、古着で出回っているものは140センチまでのものが多いのです。

 これはいつか休日の雑な昼食です。この日は確かリサイクルショップや家具屋を巡って自分の部屋に置く棚を探しに行ったのです。ここ数日大がかりな部屋の片づけをしたときに、どうも床にあふれている物どもを全て納めようと思ったら棚がもう三つ必要だと気づいたのです。

f:id:katata_taki:20220324223408j:plain

 結局この日はリサイクルショップと家具屋を回ってみたものの、私の求めるサイズの棚は見つからなかったのです。早々に諦めた私は棚探しそっちのけで宝探しを始める始末なのです。というかはじめからそのつもりでリサイクルショップに来たのです。

f:id:katata_taki:20220324222353j:plain
f:id:katata_taki:20220324222408j:plain

 私のリサショ(リサイクルショップ)巡りも堂に入ったもので、ピンポイントで自分のストライクゾーンに直撃するものを掘り出せるようになってきました。これらはそれぞれ別のリサショで発掘した「のほほんパーク」のステーショナリーなのです。子供の頃、子供会のクリスマスプレゼントやお楽しみ会の景品と言えばのほほんパークのステーショナリーだったのです。私は当時パンダとハムスターが好きだったはずなのですが、記憶を探るとカエルのグッズを多く所持していたようでした。子供会の景品やなんかはどのキャラクターが当たるかはランダムですから、好みとは関係なく色々持っていたようなのです。懐かしいですね。

f:id:katata_taki:20220324222459j:plain

 リサショ巡りの成果なのです(1冊だけ、新刊書店で購入した本が混じっています)。私はよほど欲しい場合を除いてやっすいレコードしか買わないのです。同じアルバムを買うとして、中古市場ではレコード≦CD<カセットテープの順に価格が上がっていくような気がします。レコードはとても経済的なのです。

 ここのところの私の探求品は、非アンプ内蔵トレイ式のCDプレーヤー(CDレシーバー)でした。現在レコードプレーヤーを繋いでいるアンプにCDプレーヤーも繋いで、レコードを聴いているのと同じスピーカーでCDも聴けるようにしたかったのです。そんなに高級品でなくていいので、予算は1万円を考えていました。しかるところ探してみるとこれがなかなか見つからず、現行品では最低でも3万円を超えるものしか売っていないのです。中古品を素人から購入するのは抵抗がありましたし、のほほんパークを入手したリサショ巡りでもそれとなく探してみたのですが全敗だったのです。そこで私は以前アナログオーディオ一式を揃えたリサショへ足を運んでみることにしたのです。もしCDプレーヤーが見つからなければ平成初期のCDラジカセを買うつもりでした。そこで発掘したのがこちらのパイオニアのCDチューナーです。

f:id:katata_taki:20220402235800j:plain

 あとから調べてFILLシリーズというミニコンポのCDプレーヤーだとわかりました。どうりで小さくてラック上のアンプの横に丁度収まってくれるのです。動作も、押しどころが悪いと再生ボタンでトレイが開いてしまいますが、気をつけてやや右側を押せばきちんと再生できて音も良いのです。価格は5500円、予算の半分で買えて満足なのです。

 私のお買い物はとどまることを知らず、おかげでお給金が出るまであと半月もあるのにもうどこへもお買い物へ行けないくらい金欠なのです。そう高いものを買っているわけではないのですが、そもそも私がもらえるお給金が労働に見合わないくらい低いのです。そう言いながら、私にはお金のあるなしに関係なく見つけたら即購入すると決めているものがあります。それがHana*chu→の2003年から2005年にかけてのバックナンバーなのです。とくに2003年のものは滅多に出てこないのでたまに検索をかけて見つけたら時を逃さず購入あるのみです。そうして今までこつこつ集めてきたバックナンバーを並べてみました。壮観なのです。

f:id:katata_taki:20220402235739j:plain

 最後に今日の私のファッションをお披露目です。早速エイミーちゃんのニットベストを着用したところ、たまたま遊びに来ていた妹さんに「何そのかっこ笑」と笑われたのです。とてもイカした90年代後半ファッションのつもりだったので心外なのです。

f:id:katata_taki:20220410221245j:plain

 

日記15

 お久しぶりなのです。ここんとこずっと、思えば薄毛がどうのと言い出したころからずっと体調が悪いのです。現在進行形で悪いのです。まずは薄毛。これは頭皮マッサージをしたりレバーを食べたりスカルプ系のシャンプーをつかったりして一進一退という感じなのです。それから体のこわばり。朝(休日は大抵昼)起きると体中がかちこちに固まっていて、ああ疲れた、と言いながら起き上がるのです。これは何時間寝ようとどうにもならないのです。原因として、ベッドの上に薄いマットと薄い敷布団を敷いているのがよくないのではないかと思って、元妹さんが使っていた部屋に放置してあったマットレスを自室へ引き込んで敷いて寝てみることにしたのです。これは昨日のことなので効果が出るのはもう少し先でしょうか。そして胃腸炎。何かわるいものを食べたのか(レバー?)、ウイルス性のものなのかわかりませんが、ここ4日くらいずっとお腹がしくしく痛いのです。そこへ来て飼い猫による咬傷。普段は洗ってバンソコを貼っておけば治るのですが、胃腸炎で免疫力が下がっていたのか、噛まれどころが悪かったのか、押すと痛くて周辺の皮膚も青黒くなって腕全体がだるいのです。内出血による神経の圧迫なら全然いいのですが、感染症かもしれないと思うと怖いのです。時悪く仕事が続く日程で病院に行けないですし、家に余っている抗生剤を飲もうにも抗生剤は腸内細菌も殺してしまうので今度は胃腸炎が治らなくなってしまいます。そんな泣きっ面に蜂みたいな状況の私に追い打ちをかけるようにやってくるのがPMSなのです。命の母ホワイトを飲みたいのですが、初めて命の母ホワイトを飲んだ時にお腹を下したので、現在進行形でお腹をこわしている今は飲まないほうがベターとの判断を下しました。
 こんな感じで体調は最悪ながらもこの数週間で私は2枚の付け襟を縫い(一枚は妹さんへプレゼント)、まるで人の家のような外観の古着屋でベティーズブルーとラヴァーズハウスとピンクハウスの古着をげっきゃす(激安の最上級)で手に入れ、EP50円LP80円コーナーからお宝を発掘し、『テヘランでロリータを読む』を読了し、何もないマスの状態から数独をやろうとして案の定失敗したりしていたのでした。

日記14

 労働デーなのです。作ろうと思っている4枚目の付け襟にはいまだに取り掛かれていないのです。昨日はお休みだったのに、ちょっとレコードをかけて、雑誌を読んで、ごろごろしていたらあっという間に一日が終わっていたのです。ここ数週間はとにかく疲れがとれず眠いのです。
 薄毛問題は、改善しつつあると自分では思っているのです。というのも、頭頂部から短いアホ毛がぴょんぴょんと勢いよく何本も飛び出してきているのです。きゃつらは真っすぐ上に伸びあがるか、ある程度の長さのあるものは稲穂のように首を垂れています。そういう毛が、頭頂部からたくさん生えて噴水のようになっているのです。私の推理では、頭頂部に同じ周期で生え変わる髪の毛が集中していて、それが一斉に生え変わっている最中、もしくはストレスで頭頂部の髪の毛が一斉に抜けて、そこから新しい毛が生えてきている最中なのではないかと思うのです。これは楽観ですが、そのうちこのアホ毛が育って地肌が目立たなくなれば御の字なのです。その前に私が自分の髪に構うことに飽きるのかもしれません。それはそれでいいと思うのです。そういえばいつか津村記久子のエッセイで、額の生え際に産毛にしては存在感があるけれど一定の長さ以上には伸びない毛がたくさん生えて、それが前髪を押し上げている、というような内容のものを読んだことがあるのですが、そういう類の毛ではないと信じたいものです。
 この頃は80年代後半風の髪型に凝っているのです。仕事中は髪を束ねているのですが、いちいち前髪をうすくとって下ろして、それ以外の前髪をブローで立ち上げつつ後ろに流してから束ねているのです。そのあとお化粧をするのですが、お化粧の最中に下ろした前髪ともみあげの後れ毛にカーラーを巻いてクセをつけておくのです。カーラーを外せば80年代後半風ヘアーの完成です。眉毛もきりっと描くとより雰囲気が出るのです。今季はこのスタイルをとても気に入っているのです。そろそろ美容院に行かなければならないくらい髪の毛が野放図になってきたのですが、どのようなオーダーにすべきか決めかねています。憧れは斉藤由貴ちゃんですが、今の私のヘアスタイルが2000年代を意識したウルフの伸びかけなので、重ためロングの由貴ちゃんには遠く及ばないのです。顔周りだけ由貴ちゃんっぽくしてもらって、それ以外はおまかせにしようかな、と考え中です。本田美奈子ちゃんのふわふわパーマにも憧れますが、まあ似合わないでしょうし、薄毛薄毛と騒ぎながらパーマ液でさらに髪と頭皮を痛めつけることもないでしょう。自分で切った今の前髪が気に入っているので、美容院にいってこのバランスがくずれないといいのですが、どうでしょう。

日記13

 今日はお休みだったので、最近買ってまだ聴けていなかったレコードをかけながら古雑誌を読んだり、洗濯物を畳んだりしていたのです。
 1枚目にかけたのは麗美の『パンジー』です。これはリサイクルショップで見つけて買おうか迷って結局やめたのを、別のお店でまた見つけて、観念して買ったのです。ユーミン作の曲ではユーミンの妹分っぽさが強いのだけど、斉藤由貴ちゃんの曲も書いているMAYUMI(麗美のお姉さんらしいのです)の曲なんかは、とても気に入りました。
 2枚目にレイジーの"This Is the LAZY"をかけました。私の愛聴しているラジオ番組、月曜日の「9の音粋」でこのアルバム収録の『赤頭巾ちゃん御用心』がかかっていたのを聴いて、いい曲だと思って心に留めていたところを、タイミング良く古書店で手に入れることができたのです。
 3枚目は尾崎亜美の"MIND DROPS"ですが、この辺で雑誌に集中してしまってちゃんと聞いていなかったのです。私はガロやチューリップや由貴ちゃんが載っている雑誌を蒐集しているのですが、暇ができると目当てのページ以外もじっくり読み込んでしまうのです。
 4枚目に中原めいこの"MINT"を聴きました。好きなLPです。『眠り姫』なんか好きですねえ。これは、ジャケットのミントグリーンに惹かれてジャケ買いしたのです。歌詞カードの紙なんかも凝っていて、プロダクトとしての完成度が高いのです。
 最後にチェッカーズの"NANA"をかけました。先日テレビで放送していたチェッカーズのラストライブを見て「かっこいい!」と思った曲です。芹澤廣明の手を離れてから1枚目のシングルで、両面ともメンバー作詞作曲の曲です。メンバー作曲のEPは初期の芹澤作曲に比べて中古屋で見つけにくいのです。このEPがたまたま見つかってラッキーでした。
 レコードを聴き終えてから、ふと思い立ってパソコンに向かい、80年代の50sリバイバル風の白地に黒の水玉模様のサマードレスを探し始めました。理想は松苗あけみの漫画『山田くんと佐藤さん』で、和代ちゃんが夏休みに着ていたバラ色のサマードレスです。あのドレスの形をそのままに、生地を白地に小さな黒い水玉模様にしたようなものを探しているのです。今年の夏はそれを着て、白いパテントのパンプスを履いて、大振りのイヤリングなんかして、パールの入った白みベビーピンクのリップを塗って、目元はアイシーカラーのアイシャドウで、もちろんこんがり焼けた小麦肌と決め込みたいのです。私はいつもコスプレ感覚で洋服を選ぶので、基本的に着回しがきかないのです。この服はこう着たい!と決めたらそれ以外の着方はしたくないのです。損な性分なのです。

一人ヘタ手芸部の活動6

 今回は付け襟を作るのですが、その前に私がなぜ付け襟作りを思い立ったかというところから始めたいのです。そもそも私は、ガロ、チューリップに憧れて、一昨年の秋ごろから専ら70年代ファッションに入れ込み、ベルボトムジーンズにロンドンブーツ、ベルベットのジャケットに鋭角の襟のぴったりしたシャツなんかを着て、頭にはキャスケットなんかをのせていたのです。それが去年の春からは90年代ファッションにも触手が伸びて、ベルボトムとロンドンブーツはそのままに、お手製のビーズアクセサリーや蝶モチーフのアクセサリーをつけて、丈の短いトップスにチェックの薄手のロングスカートやら、ヒステリックグラマーのロンTにオゾンコミュニティのカウチンなんかを着始めるようになったのです。そして今年に入ってから、斉藤由貴ちゃんの雑誌や写真集を集め始めた影響で、にわかに80年代ファッションの機運が高まってきたのです。しかし70年代ファッションと90年代ファッションならばある程度の親和性があるものの、80年代ファッションとなると、それまで集めていた70年代風90年代風のアイテムがほとんど役に立ちません。そこで、とにかくどんな服にも大きな襟をつけて80年代と言い張ろう!というひらめきを得たのです。ちょうど先日、書店で付け襟の作り方の本を立ち読みしたばかりでした。なんのことはない、カンタンです。型紙さえできてしまえばこっちのものなのです。

型紙をつくりましょう

 なにはなくとも型紙なのです。ここが一番むずかしくて、私は3回くらい引き直してやっと納得のいく型紙が作れたのです。まず手持ちのフラットカラーの洋服の襟を開くように床に置いて、その上にチラシをのせて襟ぐりの形をなぞります。これをベースに、作りたい襟の形になるように襟ぐりと襟の形を変えていくのです。私は角襟で後ろがセーラー風の型紙と、丸襟の型紙の2枚を作りました。スーパー等のチラシは折り目がつきやすくてしなやかで大きいので、型紙に適していますよ。

f:id:katata_taki:20220209190832j:plain
f:id:katata_taki:20220209190815j:plain
角襟の付け襟を作るのです

 まずは生地を裁断するのです。生地は本体部分に40cm*100cm程度必要です。生地を中表になるように二つ折りにして、型紙を写しとったら、襟ぐりに0.5cm、襟ぐり以外に1.5cmの縫い代を足して2枚合わせて裁断します。そのほかにフリル用の生地が8cm*280cm必要です。280cmを一枚の布からとるのは不可能ですから、中表で縫い合わせて280cmにします。あとハギレで細い紐も作っておきましょう。50cm×3cmくらいの生地をふたつ裁断して、中表で縫い合わせて表に返して表からステッチをかけておきます。
 裁断が終わったらまず2枚の本体を重ねたまま、襟ぐりを写し取った型紙の線上で縫い合わせます。カーブの部分は縫い代に等間隔で切り込みを入れます。それからフリルを作るのです。短辺の端を二つ折りにして中表で縫い合わせて、表に返してアイロンをかけます。開いている長辺に荒いミシンを二本かけて糸を長く残しておきます。フリルの端と中央を、本体の上の生地の表側の端と中央にマチ針で固定します。そうしたら残しておいた糸をぎゅーぎゅー引っ張って、フリルが襟の外周と同じ長さになるまでギャザーを寄せます。同じ長さになったらギャザーを整えてマチ針で襟に固定して、襟本体の縫い代にミシンで縫い付けます。
 フリルがついたら、上の生地と下の生地でフリルを挟むようにマチ針で留めていきます。このとき後ろに返し口の目印をつけておいて、襟の端にはあらかじめ作っておいた紐を挟んで縫い込まないように襟ぐりに沿わせておきます。返し口を開けて外周を写し取った型紙の線上で縫い合わせます。
 表に返して、アイロンをかけます。このとき返し口を整えます。端ぎりぎりにステッチをかけて完成なのです。

f:id:katata_taki:20220209190852j:plain
f:id:katata_taki:20220209190909j:plain
丸襟の付け襟を作るのです

 丸襟はフリルを省略してレースで代用するのです。大体2mあれば足りるのです。紐も作るのが面倒だったのでリボンを購入しました。1mです。生地は40cm*60cm必要です。作り方は角襟と同じです。私は白いコットンの生地、白いコットンレース、白いサテンリボンで一枚と、深緑色の薔薇柄の生地、生成色のチュールレース、ワインレッドのベルベットリボンで一枚作りました。

f:id:katata_taki:20220209190924j:plain
f:id:katata_taki:20220209190938j:plain
f:id:katata_taki:20220209190954j:plain
f:id:katata_taki:20220209191011j:plain
80年代風になったかどうかは疑問なのです

 でも楽しかったからいいのです。白い襟が気に入ったので、角襟の型紙でもう一枚白い付け襟を作りたいのです。付け襟をつけると手持ちの洋服の印象ががらりと変わるので、みんなも作ってみたらいいのです。

一人ヘタ手芸部で作った洋服は、ちゃんと着てるのです

f:id:katata_taki:20220209195834j:plain

 チェックの付け襟にチェックのスカートを穿いて、ベレー帽も被って、ちょっとチェッカーズ気取りなのです。